目的に合わせてカラコンの色を使い分けよう

どんどん増えていくカラーバリエーション

アイシャドーやマスカラ、付けまつげやアイプチなど、目のおしゃれは昔と比べると方法もアイテムもどんどん増加しています。その人の印象は目で大体が決定づけられるとも言いますから、その目の目を自分の好みにカスタマイズできる選択肢が増えたのはとてもうれしいですね。もう、黒目の色が気に入らなかったり目の大きさが小さいからと言ってくよくよするのはおしまいです。生まれつきの瞳の色までカラコンがあればまるで服を変えるようにチェンジできます。

カラコンの色はたくさん!

カラコンは、日本人のようなアジア系の人に最も合わせやすいブラウンから、白人に多いブルーやグリーン、そして灰色などの他にも、現実にはありえないレッドやピンク、パープルなど、たくさんのカラーが用意されています。一つのカラーには、濃淡の違いで細かな差がありますし、レンズのメインのカラーの他に添えられている色があるかどうかや、レンズの模様なども考えるとさらに膨大な種類が存在することになります。集めるだけでも楽しめそうですね。

目的別にあったカラーを知ろう!

カラコンを使いこなすコツは、目的にあった色を知ることです。自然な仕上がりや、オフィスでも着けていられるものならブラウンの中から自分の顔に合うものを探せばいいですし、ハーフメイクにあったものが欲しいなら、日本人の顔ならグレーがぴったりです。コスプレでアニメやゲームのキャラを細部まで演じるなら、赤やピンク、ブルーなどからそのキャラクターと同じカラーのものを着けるのがいいでしょう。うるんだ大きな瞳にしたいならブラックがあっていますよ。

コンタクトレンズの中でも色がついたものをカラーコンタクトレンズと言い、カラコンと略されます。度入りのものも存在します。