歯科医療の現場には、歯科医師の他に2人の専門職がおります

歯科医師の役割と歯科医療の技術者

歯科医師の役割は、口の中の病気や異常に対して治療したり、できるだけもとに近い状態まで修復し、食べる機能を維持することです。動物は、歳をとったり何かの障害で歯が抜け、食べ物をとることができなくなると、生命を維持することができず死ぬしかなくなります。人間も動物も同じですから、この自然の法則は変わりません。この食物を摂取するという、重要な機能を復元するのが、歯科医師に与えられた役割で、私たちが生活をするのに欠かすことが出来ない技術の所持者なのです。

歯科医療のスタッフとして係る歯科技工士の役割

歯科医療の現場には、歯科医師のほかに医療を担っているスペシャリストがおります。その一人に歯科技工士があります。この仕事は、特定のひとに対する義歯などの補てん物やインレーなどの充填物、または矯正装置を作成し、修理し、加工などを行います。この仕事も免許が必要で、歯科技工士学校を卒業し、年に一度の厚生労働大臣が認定する試験に合格しなければなりません。ただし、歯科医師の指揮・監督のもとで仕事を行うことが原則になっています。

歯科医療現場には歯科衛生士がおります

歯科医師と共に、現場には必ず歯科衛生士のスタッフがおります。歯科医師の直接指導のもとで、歯牙および口腔の疾患の予防処置として、歯牙露出面および正常な歯ぐきの遊離縁下の付着物や沈殿物を機械的操作によって除去したり、歯牙および口腔に対して薬物を塗布し、また、歯科診療の補助などを行います。都道府県知事の免許を取得する必要があり、試験は、年に一回、厚生労働大臣が行います。そのためには歯科衛生士学校を卒業しなければなりません。

根管治療では、根管消毒の後に細菌の除去が行われますが、歯の神経の状態次第では歯髄を取り除くことが必要となります。