血液をキレイにして身体もキレイな状態に!血液クレンジングって何?

血液の役割と、キレイにする意味

血液は酸素や栄養素を身体の各部に運ぶ役割があります。当然ながらその働きは身体を健康な状態に保つために必須のものとなりますが、その主役たる血液の「質」が悪いと身体の各部にも悪影響が及んでしまうのは自明の理です。血液クレンジングはその名の通り、そんな重要な役割を果たしている体内の血液を「キレイ」にし、結果的に全身の健康を促す医療行為となりますが、具体的にはどのような行為が展開されているのでしょうか。以下に見ていきましょう。

血液クレンジングとは?その方法

血液クレンジングは、まず患者の血液を抜き取り、オゾンガスで溶解させて浄化します。その過程で鮮やかな赤色に変色して中身もキレイになった血液を再び点滴により患者の体内に戻す、という方法になります。簡単な手順ではあるものの、血液を抜き取る、というと一見恐ろしい医療行為のように映りますが、抜き取る血は100mlから200ml程度。たったそれだけの量を体内から抜き取り、また戻すだけで様々な効果が期待できるのです。

血液クレンジングの様々な効果

血液クレンジングの施術により、身体の若返りが期待できます。血液がサラサラになることによって、免疫力アップ、疲労回復、冷え性改善、血行促進、老廃物の排泄といった、いわゆる「アンチエイジング」に劇的な効果が見られることでしょう。美容外科など様々な医院でこの施術は行われています。直接医院に赴くか、インターネット検索をすることで情報を手に入れ、担当医とのカウンセリングを綿密に行い、施術をしてもらいましょう。自分の血を入れ替えるだけで簡単に健康的な身体を手に入れられる機会をぜひ逃さないようにしたいものです。

血液クレンジングは一度自分の血液を出し、きれいにしたところでまた自分の体に戻すという作業を行うことです。