その人の印象を左右する歯の治療の選択は慎重に

虫歯を保険外で治療する

虫歯を保険内で治療すると奥歯ならギラギラした銀歯に、前歯はかろうじて白くなりますが、プラスチックなためすぐに着色してしまいます。歯は気にしないと言っても、話をする際には必ず口をあけるので、どうしても歯が不健康ではマイナスイメージを与えてしまいます。本来なら虫歯にならないようなケアをするのがベストですが、なってしまったら仕方ありません。その時は安いからと保険内で済ますことばかりかんがえずに、保険外の治療も視野に入れて考えるべきです。

保険外の一番のネックが高額な治療費

保険外で治療をすれば、前歯は自分の歯と同じような白い歯にできますし、場合によっては奥歯も可能です。しかも保険の銀歯よりも耐久性があるなど機能性にも優れているのです。それなら保険外での治療を選べばいいのですが、ここで問題があります。それが高額な治療費です。健康保険が使えないので、クラウン1つでも10万円ほどかかってしまうのです。このように治療費が高額なために、保険外の治療を受けたくても受けられない人が多いのです。

デンタルローンという方法

高額な治療費を解決するにはデンタルローンを利用するのがいいでしょう。その名の通り歯科の治療の際に組めるローンのことです。一度で10万円の負担では大変ですが、月々の分割支払いであればそれほど苦にならないでしょう。もちろん分割の方が総支払額は高くなりますが、まとまったお金を一度に用意できない場合はとても有効な方法です。また、ローンを組まなくてもクレジットカード支払いが可能なクリニックも増えているので便利です。

歯のセラミックの料金は、素材により異なります3万から13万と幅広いですが保証期間が3から10年あるので安心して治療ができます。